企業理念

一、お客様第一主義

私たちは、弊社を信じて頼って下さるお客様がいなければ、存続することができません。そのことを忘れず、お客様のために、今、自分に何ができるか、自分は何をすべきかを考え、行動に移さなければならない!

一、細事(さいじ)が大事(だいじ)

些細なこと、細かなことを自己解釈によって鵜呑みにして見落とさず、一つ一つ細部にこだわって探求することが大事なことである。
常に、お客様の目線で自問自答し、専門知識を駆使して現実や真実を追い求めなければならない!

一、研鑽努力

自己満足を捨て、現状に満足することなく、常に自分磨きをし続けなければならない。
お客様のために出来て当然、やって当たり前であるプロ意識を持ち、人に頼らず責任ある立場で仕事をしなければならない!

一、誠実、責任、感謝、正義

私たちは、誰に対しても誠実な対応、責任ある行動、信頼関係に感謝し、正義を貫かなければならない!


社長メッセージ

皆様、弊社ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。
当探偵事務所は、創業来、警察庁特例民法法人(警察庁生活安全局生活安全企画課を主管)日本調査業協会(現在は一般社団法人で警視庁主管)に会員登録する民間の調査会社です。

2004年(平成16年)7月七夕、「これから出会う全ての人々が幸せになりますように」との願いを、短冊(事業計画書)に込め、弊社を頼ってご相談される多くの方々を笑顔に変えていきたい!と希望に満ち溢れた創業(船出)でした。

当時、お金(資本金)も無く、理解しあえる仲間もいないのに、夢や理想、正義感が原動力となっていた船出は、私の無謀極まりない20代最後の「冒険」だったと思います。

2014年(平成26年)、無謀という冒険から10年の月日が過ぎました。

10周年…これまで多くのご相談やご依頼をいただきましたお客様との出会い、多くのご賛同やご協力をいただきました企業様、何度も危機から救ってくださいました金融機関の支店長やご担当者様、調査終了後のサポートをお願いしております弁護士、司法書士、行政書士等の士業の皆様、家族同然のスタッフ(従業員)との出会いがあって、特命探偵事務所は今日も存続させていただいているのだと実感しております。

この場をお借り致しまして、皆様には感謝申し上げます。
ありがとうございます。

さらに10年、20年と、私の冒険は続くと思いますが、「これから出会う全ての人々に、信じて頼っていただける「信頼関係」を第一に、船出の時(創業時)の気持ちを忘れず、研鑽努力してまいりますので、変わらぬご指導、ご鞭撻、ご支援のほどよろしくお願い申し上げまして、私のご挨拶に代えさせていただきます。

代表取締役社長 植 田  和 哉